筋トレの英語 第8回 筋トレと身長の関係

[身長] ブログ村キーワード

こちらは、筋トレを通じて英語を学ぶコーナーです。

ブログの軸がぶれない程度にお届けしていきたいと思います!


第8回目の今日は、筋トレと身長の関係についてです。

ボディビルと身長
(194cmのルー・フェリグノと148cmのフラビオ・バシアニーニ)

まずはこちらの記事を読んでみてください。

Does Working Out Stunt Your Growth?

When it comes to answering the question of whether or not working out stunts growth, you have to look at the hard evidence and avoid believing in old wives tales. The truth of the matter is: bodybuilding, weightlifting and working out in any form DOES NOT stunt your growth.
There is absolute no scientific evidence to support such a claim and actually the opposite is true. Regular sessions of moderate to intense exercise actually increase human growth hormone (HGH) production, triggering growth in muscle fiber, bone tissue and other body features.
There are plenty of examples in the bodybuilding and sports world that also smack down such a claim. Bodybuilding champions Lou Ferrigno and Arnold Schwarzenegger started out lifting weights when they were young and both grew to be over 6 feet tall. A person’s height and other physical features are normally due to genetics, not whether you workout or not.
Although it is absolutely false that working out hinders growth, there are some precautions that should be taken. Improper fitness training can cause injury to certain areas which could minutely affect one’s height or distort one’s shape. This is especially true in teenagers.
Teens still have cartilage located at the ends of their bones which are soft and pliable called growth plates. Once the teen hits the point that they stop growing as an adult, their growth plates harden and become an extended part of the bone. Therefore, teenagers should take greater precautions when weight training. Learning proper workout techniques and avoiding overtraining are critical at this stage of growth so that injury to these growth plates is not incurred.


(muscle prodigy.com より引用)

いかがでしたでしょうか。

文章は少し長めですが、難易度としては中程度だと思います。

それでは各文を見ていきましょう。

When it comes to answering the question of whether or not working out stunts growth, you have to look at the hard evidence and avoid believing in old wives tales. The truth of the matter is: bodybuilding, weightlifting and working out in any form DOES NOT stunt your growth.
筋トレが成長を妨げるか、という問に答えるためには、確固たる証拠に目を向け、くだらない迷信を捨てる必要がある。「いかなるボディビル、重量挙げ、筋トレも、あなたの成長を妨げることはない」というのがこの問題の真実だ。
タイトルにもある "stunt " とありますが、これは「(発育などを)妨げる」という意味です。
また、" stunt " には「離れ業」という意味もあります。
スタントマンの " stunt " はこっちです。
" old wives tale "は「くだらない迷信」。
老婆が話すようなしょうもない話って意味だそうです。ひどいですね。
3行目の " in any form " は「いかなる~であれ」の形で強調を表すイディオムです。

There is absolute no scientific evidence to support such a claim and actually the opposite is true. Regular sessions of moderate to intense exercise actually increase human growth hormone (HGH) production, triggering growth in muscle fiber, bone tissue and other body features.
この主張にはなんの科学的根拠もなく、実際の真実は真逆だ。定期的な期間、中強度の運動をすると、ヒト成長ホルモン(HGH)が分泌され、筋繊維、骨組織などの成長の引き金となる。
"opposite is true."「真実は逆。」衝撃ですね。
HGHは低身長症の治療薬にも使われています。
また、強い筋肉増強作用があるため、アンチドーピング機関から禁止薬物として指定されています。
野球のバリー・ボンズ、ロジャー・クレメンスが使用していて問題となったのもこれです。

There are plenty of examples in the bodybuilding and sports world that also smack down such a claim. Bodybuilding champions Lou Ferrigno and Arnold Schwarzenegger started out lifting weights when they were young and both grew to be over 6 feet tall. A person’s height and other physical features are normally due to genetics, not whether you workout or not.
ボディビル、スポーツの世界には、この主張を一蹴する多くの実例がある。ボディビルチャンピオンのルー・フェリグノ、アーノルド・シュワルツェネッガーは、若くして筋トレを始めたが、その身長は6フィート(約183cm)を超える。人間の身長や身体的特徴は通常、筋トレをしたかどうかではなく、遺伝によって決まる。
" plenty " は「たくさん」という意味。
" many " や "much " で言い換えられます。
1フィートは約30cm。欧米では6フィートが高身長の基準としてよく使われるようです。
ちなみにNBAのセンターはほとんどが7フィート超えです。(約213cm!)

Although it is absolutely false that working out hinders growth, there are some precautions that should be taken. Improper fitness training can cause injury to certain areas which could minutely affect one’s height or distort one’s shape. This is especially true in teenagers.
筋トレが成長を妨げるというのは、完全な間違えだが、いくつか注意すべき点もある。間違ったトレーニングは、身長に細かな影響を与えたり、身体を歪ませる部位を怪我をすることがある。特に10代の人たちは。
" hinder " は " stunt " と同じく「妨げる」という意味です。
" distort " は「歪める」という意味があります。
写真や文字の加工などよく聞く、ディストート効果の由来はこれです。

Teens still have cartilage located at the ends of their bones which are soft and pliable called growth plates. Once the teen hits the point that they stop growing as an adult, their growth plates harden and become an extended part of the bone. Therefore, teenagers should take greater precautions when weight training. Learning proper workout techniques and avoiding overtraining are critical at this stage of growth so that injury to these growth plates is not incurred.
10代の人たちには、骨端成長板という柔らかく、しなりのある骨の端に軟骨がある。一度この部分を怪我すると、大人としての成長が止まり、骨端成長板は硬化し、骨の拡張部になっていしまう。そのため、10代の人たちは、筋トレの際、細心の注意を払う必要がある。骨端成長板の怪我を防ぐため、成長期には、正しい筋トレ法を学び、オーバートレーニングを避けることが重要だ。
" cartilage " は「軟骨」という意味です。、
" Fried Chicken Cartilage "美味しいですよね。
" pliable " は「しなやかな」という意味の形容詞です。
単に柔らかいだけでなく、壊れにくいということも暗に意味します。
" bendable but not breakable " って感じですね。


結論としては、成長期の筋トレは、身長に悪影響を及ぼすどころか、

HGHが分泌されるため、むしろ好影響を与えるようです。

しかし、成長期の怪我は、大人と比べて重篤な怪我になりやすいので、

大人以上に正しいトレーニングをする必要があるようです。


スポンサーサイト

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top