スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

筋トレの英語 第8回 筋トレと身長の関係

[身長] ブログ村キーワード

こちらは、筋トレを通じて英語を学ぶコーナーです。

ブログの軸がぶれない程度にお届けしていきたいと思います!


第8回目の今日は、筋トレと身長の関係についてです。

ボディビルと身長
(194cmのルー・フェリグノと148cmのフラビオ・バシアニーニ)

まずはこちらの記事を読んでみてください。

Does Working Out Stunt Your Growth?

When it comes to answering the question of whether or not working out stunts growth, you have to look at the hard evidence and avoid believing in old wives tales. The truth of the matter is: bodybuilding, weightlifting and working out in any form DOES NOT stunt your growth.
There is absolute no scientific evidence to support such a claim and actually the opposite is true. Regular sessions of moderate to intense exercise actually increase human growth hormone (HGH) production, triggering growth in muscle fiber, bone tissue and other body features.
There are plenty of examples in the bodybuilding and sports world that also smack down such a claim. Bodybuilding champions Lou Ferrigno and Arnold Schwarzenegger started out lifting weights when they were young and both grew to be over 6 feet tall. A person’s height and other physical features are normally due to genetics, not whether you workout or not.
Although it is absolutely false that working out hinders growth, there are some precautions that should be taken. Improper fitness training can cause injury to certain areas which could minutely affect one’s height or distort one’s shape. This is especially true in teenagers.
Teens still have cartilage located at the ends of their bones which are soft and pliable called growth plates. Once the teen hits the point that they stop growing as an adult, their growth plates harden and become an extended part of the bone. Therefore, teenagers should take greater precautions when weight training. Learning proper workout techniques and avoiding overtraining are critical at this stage of growth so that injury to these growth plates is not incurred.


(muscle prodigy.com より引用)

いかがでしたでしょうか。

文章は少し長めですが、難易度としては中程度だと思います。

それでは各文を見ていきましょう。

When it comes to answering the question of whether or not working out stunts growth, you have to look at the hard evidence and avoid believing in old wives tales. The truth of the matter is: bodybuilding, weightlifting and working out in any form DOES NOT stunt your growth.
筋トレが成長を妨げるか、という問に答えるためには、確固たる証拠に目を向け、くだらない迷信を捨てる必要がある。「いかなるボディビル、重量挙げ、筋トレも、あなたの成長を妨げることはない」というのがこの問題の真実だ。
タイトルにもある "stunt " とありますが、これは「(発育などを)妨げる」という意味です。
また、" stunt " には「離れ業」という意味もあります。
スタントマンの " stunt " はこっちです。
" old wives tale "は「くだらない迷信」。
老婆が話すようなしょうもない話って意味だそうです。ひどいですね。
3行目の " in any form " は「いかなる~であれ」の形で強調を表すイディオムです。

There is absolute no scientific evidence to support such a claim and actually the opposite is true. Regular sessions of moderate to intense exercise actually increase human growth hormone (HGH) production, triggering growth in muscle fiber, bone tissue and other body features.
この主張にはなんの科学的根拠もなく、実際の真実は真逆だ。定期的な期間、中強度の運動をすると、ヒト成長ホルモン(HGH)が分泌され、筋繊維、骨組織などの成長の引き金となる。
"opposite is true."「真実は逆。」衝撃ですね。
HGHは低身長症の治療薬にも使われています。
また、強い筋肉増強作用があるため、アンチドーピング機関から禁止薬物として指定されています。
野球のバリー・ボンズ、ロジャー・クレメンスが使用していて問題となったのもこれです。

There are plenty of examples in the bodybuilding and sports world that also smack down such a claim. Bodybuilding champions Lou Ferrigno and Arnold Schwarzenegger started out lifting weights when they were young and both grew to be over 6 feet tall. A person’s height and other physical features are normally due to genetics, not whether you workout or not.
ボディビル、スポーツの世界には、この主張を一蹴する多くの実例がある。ボディビルチャンピオンのルー・フェリグノ、アーノルド・シュワルツェネッガーは、若くして筋トレを始めたが、その身長は6フィート(約183cm)を超える。人間の身長や身体的特徴は通常、筋トレをしたかどうかではなく、遺伝によって決まる。
" plenty " は「たくさん」という意味。
" many " や "much " で言い換えられます。
1フィートは約30cm。欧米では6フィートが高身長の基準としてよく使われるようです。
ちなみにNBAのセンターはほとんどが7フィート超えです。(約213cm!)

Although it is absolutely false that working out hinders growth, there are some precautions that should be taken. Improper fitness training can cause injury to certain areas which could minutely affect one’s height or distort one’s shape. This is especially true in teenagers.
筋トレが成長を妨げるというのは、完全な間違えだが、いくつか注意すべき点もある。間違ったトレーニングは、身長に細かな影響を与えたり、身体を歪ませる部位を怪我をすることがある。特に10代の人たちは。
" hinder " は " stunt " と同じく「妨げる」という意味です。
" distort " は「歪める」という意味があります。
写真や文字の加工などよく聞く、ディストート効果の由来はこれです。

Teens still have cartilage located at the ends of their bones which are soft and pliable called growth plates. Once the teen hits the point that they stop growing as an adult, their growth plates harden and become an extended part of the bone. Therefore, teenagers should take greater precautions when weight training. Learning proper workout techniques and avoiding overtraining are critical at this stage of growth so that injury to these growth plates is not incurred.
10代の人たちには、骨端成長板という柔らかく、しなりのある骨の端に軟骨がある。一度この部分を怪我すると、大人としての成長が止まり、骨端成長板は硬化し、骨の拡張部になっていしまう。そのため、10代の人たちは、筋トレの際、細心の注意を払う必要がある。骨端成長板の怪我を防ぐため、成長期には、正しい筋トレ法を学び、オーバートレーニングを避けることが重要だ。
" cartilage " は「軟骨」という意味です。、
" Fried Chicken Cartilage "美味しいですよね。
" pliable " は「しなやかな」という意味の形容詞です。
単に柔らかいだけでなく、壊れにくいということも暗に意味します。
" bendable but not breakable " って感じですね。


結論としては、成長期の筋トレは、身長に悪影響を及ぼすどころか、

HGHが分泌されるため、むしろ好影響を与えるようです。

しかし、成長期の怪我は、大人と比べて重篤な怪我になりやすいので、

大人以上に正しいトレーニングをする必要があるようです。


スポンサーサイト

筋トレの英語 番外編 チョコレートを食べれば筋肉がつく!?

[チョコレート] ブログ村キーワード

こちらは、筋トレを通じて英語を学ぶコーナーです。

ブログの軸がぶれない程度にお届けしていきたいと思います!


本日、2月14日は、バレンタインデー!

ということで、今日は筋トレの英語番外編 "St. Valentine's day" をお送りします!



まずはこちらの記事を読んでみてください。

Can you finally replace your energy bar with a candy bar? Scientists have discovered a connection between chocolate and building muscle, reports the New York Times. Researchers at the University of California in San Diego have found that giving mice a purified form of epicatechin—the main nutritional ingredient of cacao—increased mitochondria in leg muscles.
The good news: Mice fed the ingredient—found mostly in dark chocolate—developed increased muscle response even without exercise. The bad news: The effect might not be the same in humans, processed chocolate that isn't in liquid form doesn't contain epicatechin, and you would need to take in only a miniscule amount—about half of one square of a normal candy bar—to see results. “More is not better,” says one study author. “More could lessen or even undo [health benefits]."


(newser より引用)

いかがでしたでしょうか。

まさかのチョコと筋肉のコラボレーションですね!

それでは各文を見ていきましょう。

Can you finally replace your energy bar with a candy bar? Scientists have discovered a connection between chocolate and building muscle, reports the New York Times.
最終的にエナジーバーをキャンディーバーに置き換えることは可能だろうか?科学者たちが、チョコレートと筋肉の発達には関連があるという発見をしたと、ニューヨーク・タイムズが伝えた。
"replace A with B "で「AをBに置き換える」という意味。
日常会話でも頻出のイディオムなので絶対覚えましょう。
ここでは、"candy bar"を直訳して「キャンディーバー」と訳しましたが、
欧米人が"candy bar"と聞くと、ほとんどの人が板チョコをイメージします。
この文でも、執筆者は板チョコをイメージして"candy bar"を使っていると想像できます。

Researchers at the University of California in San Diego have found that giving mice a purified form of epicatechin—the main nutritional ingredient of cacao—increased mitochondria in leg muscles.
サンディエゴにあるカリフォルニア大学の研究者たちが、精製されたエピカテキン(カカオの主成分)をネズミに与えたところ、脚の筋肉内のミトコンドリアが増加したことを発見した。
"mice" は"mouse" の複数形。「ネズミ達」。
"purify" は「清める、精製する」という意味の動詞。

The good news: Mice fed the ingredient—found mostly in dark chocolate—developed increased muscle response even without exercise.
グッドニュース:この成分(ダークチョコレートに多い)を与えられたネズミは、運動なしで筋肉の増加反応が見られた。
"fed"は"feed"の過去形。「エサを与える」という意味の動詞。
釣り用語の「フィーディングエリア」の由来はこの単語です。

The bad news: The effect might not be the same in humans, processed chocolate that isn't in liquid form doesn't contain epicatechin, and you would need to take in only a miniscule amount—about half of one square of a normal candy bar—to see results.
バッドニュース:この効果は人間当てはまるとは限らない、また、液体の形で加工されていないチョコにはエピカテキンが含まれていない。そして、その結果を見るためには、ごくごく少量(通常のキャンディーバーの半分程度の片切れ)を服用する必要がある。
"processed"は「加工した」という意味があります。
"processed food"で「加工食品」。

“More is not better,” says one study author. “More could lessen or even undo [health benefits]."
「服用は多ければいいってもんじゃない」と研究の著者の一人は言う。「服用が多いと効果が弱まったり、無くなってしまう。
"undo" は「台無しにする」という意味の動詞。
読み方は「アンドゥ」。


筋トレとチョコレートの関係についてでした。

人間にはあんまり関係なさそうですね。。

今日いっぱいもらえた人も、もらえなかった人も、

チョコレートは脂質量が多いので、食べ過ぎには注意しましょう。

ニューヨーク・タイムズの原文は こちら からどうぞ。

筋トレの英語 第9回 Machine と Free Weight の違いとは? その1

こちらは、筋トレを通じて英語を学ぶコーナーです。

ブログの軸がぶれない程度にお届けしていきたいと思います!


第9回目の今日は、フィットネス界では非常によく聞く議論のテーマ、

「マシントレーニング と フリートレーニングの違い」についてです。

文章が長いので、3回に分けてお送りします!

まずはこちらの記事を読んでみてください。

One of the most heated debates in the world of fitness today is the battle of free-weights (low-tech apparatus) versus machines (high-tech apparatus). Each side has their arguments with both sides having some merit to their claims.
This article will try to separate some of the fact from the fiction of each of these types of training tools. At the end of this article it will make more sense as to why one would choose a free-weight or a machine and for what purpose.
Before we dive into the major differences between free weights and machines let us first agree on what we are calling a free-weight or a machine.
A free-weight can be classified as any object or device that can be moved freely in three-dimensional space. Some of the more common free-weights found in a gym would be:

1. Dumbells
2. Barbells
3. High/Low or adjustable pulley system
4. Lat pull-down and low-row device
5. Medicine Balls(all types including kettle bells)
6. Ankle weights
7. The human body the ultimate free-weight of all!

In all reality, any object that is free to move in three-dimensional space that is not fixed to any specific set of axis (as in a smith machine) can be considered a free weight. An exercise machine on the other hand, is not allowed to move in three-dimensional space and is usually only capable of moving in two dimensions.Any exercise machine in a gym such as a pec-dec or a smith machine is a perfect example of what we are calling high-tech training apparatus.


(bodybuilding.com より引用)

いかがでしたでしょうか。

いくつかトレーニング用語が出てきたため、読みにくかったとかもしれません。

それでは各文を見ていきましょう。

One of the most heated debates in the world of fitness today is the battle of free-weights (low-tech apparatus) versus machines (high-tech apparatus). Each side has their arguments with both sides having some merit to their claims.
フィットネス界で、最も白熱する議論の一つに、フリーウェイトトレーニング(ローテク器具)VSマシントレーニング(ハイテク器具)がある。両者はそれぞれの主張するメリットについて熱い議論を交わす。
"apparatus"は「器具」という意味の名詞。
"have an argument with ~"で「~と議論を交わす」という意味のイディオム。

This article will try to separate some of the fact from the fiction of each of these types of training tools. At the end of this article it will make more sense as to why one would choose a free-weight or a machine and for what purpose.
この記事では、それぞれのトレーニング器具にまつわる真実と嘘を区別していく。記事の最後では、どのような理由・目的でフリーウェイトかマシンを選択すればよいか、より納得いくだろう。
"make sense" で納得いくという意味。
"as to" は「~について」という意味。"about" よりも少しフォーマルな印象があります。

Before we dive into the major differences between free weights and machines let us first agree on what we are calling a free-weight or a machine.A free-weight can be classified as any object or device that can be moved freely in three-dimensional space. Some of the more common free-weights found in a gym would be
両者の違いを見ていく前に、何をフリーウェイトと呼び、何をマシンと呼ぶかを決めておこう。フリーウェイトは3次元空間を自由に動くことができるモノ・装置、に分類することができる。ジムでよく見かけるフリーウェイト器具には-
"three-dimensional space"は3次元という意味。
3D映像の3Dはこれの略ですね。
"length" "width" "depth"の3次元です。

1. Dumbells
2. Barbells
3. High/Low or adjustable pulley system
4. Lat pull-down and low-row device
5. Medicine Balls(all types including kettle bells)
6. Ankle weights
7. The human body the ultimate free-weight of all!


それぞれ次のとおりです。

 2 3 4 
 6 7

7では究極のフリーウェイトは人体であると言っています。

In all reality, any object that is free to move in three-dimensional space that is not fixed to any specific set of axis (as in a smith machine) can be considered a free weight. An exercise machine on the other hand, is not allowed to move in three-dimensional space and is usually only capable of moving in two dimensions.
実際は、特定の軸の集合に固定されない(スミスマシンのように)、3次元空間を自由に動かせるモノ全てをフリーウェイトとみなすことができる。一方でマシンは、3次元空間を動けず、たいていは2次元的にしか動けない。ジムにある、ペックデックやスミスマシンのようなマシンが、ハイテクトレーニング器具と呼ばれるモノのいい例だ。
"axis" は「軸」という意味です。
複数形は不規則変化で"axes"になります。
また"axes"には「まさかり」とい全く別の意味もあります。
モンスターハンターなどのゲームで出てくる「アックス」はここから由来します。

ペックデック→  スミスマシン→


今回はマシンとフリーウェイトの分類についてでした。

最後の方はなかなか難解な文章でしたね。

次回もマシンVSフリーウェイトを見ていきます!

筋トレの英語 第7回 Sit-Ups と Crunches の違いとは? その4

こちらは、筋トレを通じて英語を学ぶコーナーです。

ブログの軸がぶれない程度にお届けしていきたいと思います!

第7回目の今回は、2つの代表的な腹筋のトレーニング、

シットアップ と クランチ の違いについての最終回です。

まずはこちらの記事を読んでみてください。

Risk
Crunches are safe exercises which can be easily performed by anybody. However, sit-ups have an inherent risk of spine injury, due to the strain it puts on the lower back, if this exercise is pursued aggressively without considering one's capacity. Medical research on the dynamics of a sit-up has shown that the abdominal muscles are involved only in the first 30 degrees raise of shoulders, off the ground. The rest of the strain is totally taken up by the hip flexor muscles. That is why, crunches are more recommended as safer exercises.


(Buzzle.com より引用)

いかがでしたでしょうか。

今回の文章は "Risk" という副題が付けられています。

前回の英文の中に、 "Sit-ups" よりも "Crunches" の方が、

腰に負担をかけないという一文が最後に出てきました。

ここでは、そのことについて詳しく書いてあるようです。

各文を見てみましょう。

sit-ups have an inherent risk of spine injury
シットアップには脊椎損傷のリスクが内在する
"inherent" は「内在して」という意味の形容詞です。
"spine" は「脊椎」です。
プロレス技に "spine buster" という、相手を背中から落とす技がありますが、
これは直訳すると脊椎破壊攻撃です。

spine-buster.jpg
参考:HHHのスパインバスター

ちなみに "buster" は「破壊する人(物)」「駆除する人(物)」という意味で、
Ghostbusters のバスターズがこれに当たります。
また、爆乳の人を下品な言い方で "bra-buster" と言ったりもします。
直訳すると「ブラ破壊人」です。笑

Medical research on the dynamics of a sit-up has shown that the abdominal muscles are involved only in the first 30 degrees raise of shoulders, off the ground.
シットアップの力学的な医学研究によって、床から肩を最初の30°上げたところまでが腹筋が関与する範囲だということことが証明された。
"dynamics" は「力学」という意味の名詞です。
最初の30°ということは、起き上がる必要がないということですね。
よく見るトレーニングに、足を誰かに押さえてもらって起き上がる腹筋がありますが、
実は、30°以降は腰に負担がかかるだけでなく、腹筋に効いていなかったのです。

The rest of the strain is totally taken up by the hip flexor muscles.
残りの負荷は全て股関節屈筋にかかっている。
前回出てきた "hip flexor muscles" がまた出てきましたね。
30°以降は腹筋ではなく、股関節屈筋のトレーニングになるそうです。

そして最後の文では、
That is why, crunches are more recommended as safer exercises.
そういった理由から、クランチの方がより安全なトレーニングだと推奨されている。
とまとめられています。

筋トレで一番怖いのは怪我です。

特に腰は一度痛めてしまうとクセになりやすい箇所です。

腹筋(上部)のトレーニングはシットアップではなくクランチを行いましょう。

筋トレの英語 第6回 Sit-Ups と Crunches の違いとは? その3

こちらは、筋トレを通じて英語を学ぶコーナーです。

ブログの軸がぶれない程度にお届けしていきたいと思います!

第6回目の今回は、2つの代表的な腹筋のトレーニング、

シットアップ と クランチ の違いについての3回目です。

まずはこちらの記事を読んでみてください。

Muscles
The next point of comparison is the target muscles of the two exercises. Sit-ups involve the hip flexor and abdominal muscles. Crunches only target the abdominal muscles including the 'rectus abdominis'.

Calories Burnt
If you make a comparison between the two exercises, the sit-ups burn more calories than the crunches, but they also create more strain on the back.


(Buzzle.com より引用)

いかがでしたでしょうか。

今回の文章は "Muscles" "Calories Burnt" の2ブロックに分かれています。

まずは "Muscles" を見てみましょう。

前回までは "Sit-ups" と "Crunches" のやり方の違いを "Compare" してきましたが、

ここでは2つのトレーニングで使用する "Muscles" の違いを "Compare" しています。

各文を見てみましょう。

Sit-ups involve the hip flexor and abdominal muscles.
シットアップは股関節屈筋と腹筋に作用する
"hip" は、日本語で「お尻」という意味でよく知られていますが、
実はお尻の割れ目がある部分(縦方向)のことは指しません。
ウエストの下の部分(横方向)、つまり股関節を指します。
ちなみに、割れ目のある部分は " butt " と言います。第4回でも紹介しましたね。
"flexor" は「屈筋」という意味です。対義語の「伸筋」は "extensor"といいます。

Crunches only target the abdominal muscles including the 'rectus abdominis'.
クランチは腹直筋など、腹筋だけを対象とする
"rectus" は「直筋」という意味です。
ちなみに「斜筋」は "oblique" といいます。

シットアップは股関節筋と腹筋、クランチは腹筋のみが鍛えられるようです。

では次に "Calories Burnt" を見てみましょう。

"Burnt" は 「燃焼する」という意味の "Burn" の過去分詞形です。

つまりここでは、2つのトレーニングのカロリー燃焼の違いを "Compare" しています。

the sit-ups burn more calories than the crunches
シットアップはクランチよりもカロリーを燃焼する

の一文のとおり、使用する筋肉の種類だけでなく、カロリー燃焼においても、

クランチより、シットアップの方が優れていることがわかります。

しかし、最後に見逃せないことが書いてあります。

but they also create more strain on the back.
しかしそれらは背中にもまた、より負担をかける。
ここでの "they" は 前文の "sit-ups" を指しています。
"strain" は「負担をかける」という意味です。

全面的にシットアップに劣ってるように見えましたクランチですが、

どうやら、シットアップよりも腰に負担がかからないという利点があるようです。

次回は、そのあたりを詳しく見ていきましょう!


| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。