スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

炭水化物を上手に摂取して、肉体改造を成功させよう!

[炭水化物] ブログ村キーワード

「超回復」の記事で、筋肉を育てる3つの要素について紹介しました。( こちら です)

1.トレーニング 2.休息 3.栄養 の3つでしたね。

3.栄養 には特に重要な5つの要素があります。

タンパク質  炭水化物  脂肪  ビタミン  ミネラル  です。

生命維持に最低限必要な最初の3つを3大栄養素、

健康な体を作るために必要な後ろの2つを含めて5大栄養素と呼ばれています。

今回はそのうちの一つ、炭水化物についてのお話です。

炭水化物は英語で " Carbohydrate " といいます。

略して ” Carb” と呼ばれることが多いです。

炭水化物の摂取量を抑える、「ロー・カーボダイエット」(Law-carb diet)

が一時期流行ったので、ご存知の方も多いでしょう。
(低炭水化物ダイエットともいいます。)

このダイエットの流行により、炭水化物=太る根源、というイメージを持っている方が多数いますが、

それは大きな誤りです。

炭水化物は人間の主なエネルギー源であり、車にとってのガソリンのようなものです。

もちろん、過剰に摂取すると、糖尿病を患ったり、脂肪となって体に蓄積されますが、

摂取量が不足することは、ガス欠状態で車を走らせるようなものであり、大変危険です。

筋トレをしている人の中にも、脂肪を付けずに筋肉をつけるため、

炭水化物を抜こうとする人がいますが、これは逆効果です。

炭水化物が不足した場合、その代替エネルギーを得るために筋肉が分解されてしまうからです。

トレーニング前後は必ず一定量の炭水化物を摂取しましょう。

そもそも、ロー・カーボダイエットは糖尿病の治療の一環として行われていた食事法を、

ロバート・アトキンスという医学博士がダイエットに導入したものです。
(その名をとってアトキンスダイエットとも言います。)

そのため、医師や栄養士の指導なしで素人が安易に行うと、大変危険なダイエットです。

筋肥大、筋力アップ、ダイエットなど、筋トレの目的は様々ありますが、

トレーニーのみなさんは、偏見を捨て、きちんと一定量の炭水化物を摂取しましょう!


グラマー(GLAMOUR)90tab+セール特典
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。