自宅トレーニングにおすすめ!正しいダンベルの選び方 3/3

前回までの記事で、ダンベルの種類と使用するべき重量を紹介しました。

しかし、世の中には実にたくさんのダンベルがあり、選ぶのは非常に大変でしょう。

売っているダンベルの中にはとても売り物とは思えない粗悪品も存在します。

(以前、ホームセンターで購入した片手10kgのダンベルを量ったところ、
 約9kgしかなかったことが実際にありました。。。)

そこで今日は、ジムインストラクターの自分がおすすめするダンベルTOP3を紹介します!

第3位!

IROTEC社のダンベル10kg×2個 送料無料55%引き! 定価13,335円が6,000円!



第3位はIROTEC社のダンベルです。片方10kgが2個セットで6000円という破格の安さです。
値段の割にしっかりしており、問題なく使えます。
ただし、ラバープレートの場合、最初の1か月は特有のゴム臭がします。

楽天最安値→IROTEC社のダンベル 送料無料! 6,000円!

第2位!

ファイティングロード社のダンベル10kg×2個 送料無料45%引き! 定価11,000円が5,500円!



第2位はファイティングロード社のダンベルです。こちらは単品での販売となります。
ファイティングロードもセット販売に切り替わりました。
また、特典として、東大出身ボディビルダー 佐々木卓選手のトレーニング解説DVDが付いてきます。

週刊少年ジャンプなどの有名雑誌によく広告を出しているので、
ご存じの方も多いかもしれません。
ラバープレートのゴム臭もそんなに気になりません。

amazon最安値→ファイティングロードのダンベル 送料無料!5,980円!


第1位!

WILDFIT社のダンベル10kg×2個 送料無料30%引き! 定価9,600円が6,800円!



第1位はWILDFIT社のダンベルです。こちらはIROTEC社と同じく2個セットの販売となります。
シャフトの部分が長いので、たくさん重量を増やすことが出来ます。
長く使いたい方には特にオススメです!
ラバープレートのゴム臭も気になりません。

amazon最安値→WILDFIT社のダンベル 送料無料!7,700円!


いかがでしょうか。

どのダンベルも定価の半額ほどで売られていることに気が付いたと思います。

これは筋トレグッズ全般に言えることなのですが、

ネットで買うのは実際の店舗で買うよりもかなりお得です

ネット上で売っていた商品が、大型スポーツ店で倍の値段なんてことはザラにあります。

また、気軽に商品のレビューを確認することも出来ます。

まずは一セット購入して、筋トレの世界の扉を開けましょう!
スポンサーサイト

自宅トレーニングにおすすめ!正しいダンベルの選び方 2/3

前回はダンベルにはラバープレート・アイアンプレートの2種類があることを説明しました。

今回は使用する重量に関する説明です。

使用する重量は、現在の自分の筋力ではなく、自分が目指す体型によって決めます。

(理由は こちら の記事をご覧ください。)

つまりダンベル選びは自分がなりたい身体を想像するところから始まります。

ジャニーズ系のタレントのような細マッチョなら片方10kg



参考 IROTECラバープレートダンベル10kg 

EXILEのメンバーのようなソフトマッチョ体型なら片方20kg



参考 IROTECラバープレートダンベル20kg

ボディビルダーのような肉体を目指すなら片方30kgは最低欲しい



参考 IROTECラバープレートダンベル30kg

大抵のダンベルは後から重量を増やすことも出来ますので、まずは片方10kgから始めてみてもいいでしょう。
次回は実際におすすめのダンベルを紹介します!


自宅トレーニングにおすすめ!正しいダンベルの選び方 1/3

[ダンベル] ブログ村キーワード

今日紹介するのはダンベルです。

ダンベルは英語で " Dumbbell " です。" Dumb-Bell "と分けるときもあります。

直訳すると「音の出ない鐘」です。

昔の人が鐘を使って筋トレをしていたことから由来するそうです。

豪快なエピソードですね!

そんなダンベルですが、これなしで本格的な筋トレをすることは不可能でしょう。

逆に言うと、ダンベルさえあれば大抵の部位は鍛えることが出来ます。

つまりダンベルは最重要、全トレーニー必須の筋トレグッズです。

そのためダンベルを購入する際は、後悔の無いように充分に選ぶ必要があります。

このブログでは今回から、3回に分けて間違いないダンベル選びをしていきます!

まずはダンベルの種類から勉強しましょう。

ダンベルは大きく分けて2種類あります。


ラバープレートタイプ




参考 IROTECラバープレートダンベル10kg 


アイアンプレートタイプ






両者にはそれぞれ次のようなメリット・デメリットがあります。


ラバープレート

メリット

床を傷つけない
床に置くときに音がしない


デメリット

高い
物によってはゴム臭がする



アイアンプレート


メリット

安い

デメリット

床を傷つけやすい
床に置くときに音がする



アイアンプレートでも、マットや布団を敷けば音やキズが気になるマンションで使えます。

どちらのプレートにするかは、お好みでいいでしょう。

次回も引き続きダンベル選びについてです。

Let's start 筋トレ Life!

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top