筋トレマシンとしてのレッグマジックに対する評価

[レッグマジック] ブログ村キーワード

今日紹介するのは数多くのモデルが広告塔を務めていることでも有名な、

大人気フィットネスマシン「レッグマジック」です。



日本では2015年5月現在、350万台以上を売り上げているそうです。

ホームセンターなどにサンプルが置いているので、実際に使用したことがある人も多いかもしれません。

2007年に米国で開発されたレッグマジックは、海外ではFitness Quest Inc.という会社が販売をしています。

日本では、オークローンマーケティング社(SHOP JAPANなどの制作会社)のブランドである、

エクサボディが正規販売を行っているようです。

SHOP JAPANの夜間CMが話題になって売れた商品ですので、

一世を風靡したビリーズブートキャンプ、ラテラル・サイ・トレーナーなどと同じ流れですね。



現在は、レッグマジック→レッグマジックX→レッグマジックサークルと、

着々とグレードアップしているようです。

Leg MagicとLeg Magic Circleは海外でも同名で売られているようですが、

日本で一番売れているLeg Magic X という名前の商品は、海外では売られていないようです。

代わりにLeg Magic Pulse・Leg Magic Ultimate・Leg Magic Ultra Plus Pulseという商品が存在するため、

もしかするとこの内のどれかがレッグマジックXに該当するのかもしれません。

さて、そんなレッグマジックですが、

筋力アップ、筋肥大を目的とした筋トレマシンとして活用するのは難しそうです。

その理由はその負荷強度の低さです。

レッグマジックは、普段運動をあまりしない人でも、

30回以上は連続で反復することができます。

以前、負荷に関する記事で説明したとおり、

筋肉の発達は、下記のようなグラフで行われるため、

限界回数が30回以上の運動では、筋力アップ、筋肥大に適しているとは言えません。

kinniku.jpg

また、脚の筋肉の他に、腹筋や背筋も鍛えられると説明には書いていますが、

そのトレーニング効果は微々たるもので、

上半身も連動した全身運動というには少し大げさな気がします。

しかし、日常では使用する機会の少ない太ももの内側の筋肉(内転筋)を使用するため、

筋量増加による基礎代謝の上昇を、割とお手軽に達成させることができます。

そのため、そのシェイプアップ効果は、目を見張るものがあり、

ダイエット器具として利用したい人にとっては、必携の商品だと言えます。

本格的な筋トレをしたい方はホームセンターのサンプルで十分でしょう。

楽天最安値→レッグマジックX
amazon最安値→レッグマジックX

詳細は以下の記事からもどうぞ
レッグマジックの効果を検証
レッグマジックのクチコミを確認
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top