スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

パーフェクトシットアップの重大な欠点

[シットアップ] ブログ村キーワード

引き続き、「Perfect Situp パーフェクトシットアップ」についてです。

前回の記事に、「パーフェクトシットアップには致命的な欠点がある」と書きました。

今回はその説明をします。

結論から言うと、パーフェクトシットアップの欠点は「サイズ」です。

私の身長は約173cmで、日本の成人男性の平均身長とほぼ同じなのですが、

サイズ調整をMAXまで行う必要があり、それでもあまり余裕がない状態でした。

私以上の身長がある人は窮屈感を感じるでしょう。

実際、約185cmの同僚が使用した際は、膝の角度が不自然なフォームとなり、

「腰・首に大きな負担がかかるので長期間の使用は危険かも」と言っていました。


高身長での使用は、最大のメリットである「フォームの安定」効果が得られないばかりか、

かえって故障の危険が高まるという、マイナス効果すらあると言えます。


このような高身長での使用に対する注意喚起があるか、

説明書・公式サイトを調べましたが、そのような記載はありませんでした。

そこで、商品を販売するexabodyのカスタマーサービスに問い合わせたところ、

「対象身長は設定していないが、概ね150cm~190cmまで使用可能」との回答を得ました。


しかし実際の使用感では、190cm台後半の人にはお勧めできません。

少なくとも180cm台後半の人は、長期の使用は控えましょう。

パーフェクトシットアップの公式HPでコメントを出している、
日本選手権3連覇のボディビルダー 鈴木雅選手の公称身長は167cm



ちなみに、アメリカ発の商品なので、日本用に規格変更している可能性も考えられたので、

アメリカのPerfect Situp ユーザーの口コミレビューを見たところ、

over 6 feet(約183cm以上)のユーザーから低評価のコメントが大発生していたので、

どうやら日本だけの問題ではないようです。

非常に惜しいのですが、身長175cm位までの人にはおすすめできる商品といえます。

関連記事
パーフェクトシットアップの評価
パーフェクトシットアップの口コミ

スポンサーサイト

パーフェクトシットアップの効果は評判通りか、インストラクターの評価

[腹筋] ブログ村キーワード

今回紹介する筋トレグッズは

PERFECT SIT UP  パーフェクトシットアップ


もともとは米国のPerfect Fitness社の商品ですが、

日本ではビリーズブートキャンプなどで知られる、exabodyが正規販売をしています。

元Navy SEALs(アメリカ海軍特殊部隊)の小隊長Alden Mills(オルデン・ミルズ)が、

腰部・首部を痛めずに、効率のよい腹筋運動ができないかと考え開発したそうです。

さて、そんなパーフェクトシットアップを実際に使用した感想ですが、

結論から言うと、うまく使うことができれば大変優秀な筋トレグッズだと思います。


その理由は、「腹筋のフォームが安定する」の一言に尽きます。

この器具の一番のメリットは何と言っても、この腹筋フォームを固定できる点。

腹筋は数ある筋トレの中でも特にフォームを習得し辛いトレーニングの一つです。

そのため、腹筋が原因で腰部や首部などに慢性的な故障を抱えてしまう方も多くいます。

(特にレッグレイズやリバースクランチなど、腹筋下部のトレーニングは腰痛リスクが高い)


その点、このパーフェクトシットアップは軌道があらかじめ固定されているため、

フォームが適切な軌道を大きく外れる心配がありません。

また、トップポジションでカチッと音が鳴るため、腹筋に最適な動作範囲も確保できます。

※この商品の名前はパーフェクトシットアップですが、動作的にはクランチに近いです。


腹筋フォームが安定していないトレーニング初心者の方や、

腰・首に故障を抱えている方に是非オススメしたい筋トレグッズです!


と言いたい所ですが、実はこの商品、致命的とも言える欠点があります。

それはまた次回。

関連記事
パーフェクトシットアップの欠点
パーフェクトシットアップの口コミ


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。