握力の鍛え方 ホールド力編

[ホールド] ブログ村キーワード

シリーズ「知られざる握力の世界」

握力はその人の力強さを、短時間で測るバロメータの一つ。

マイナーながら数多くの公式大会まで開催されている、握力の魅力を紹介します!

前回の記事では握力には3つの種類があると説明しました。

クラッシュピンチ・ホールドでしたね。


今回は3つ目のホールドについてです。

ホールド力はモノを握ったまま離さない力のこと。

英語で綴ると"hold" ですが、英語ではholdとは言わず、

"support grip"と呼ぶことが一般的です。

重い荷物を袋に入れて運ぶとき、途中で持っている方の手が疲れ、

持つ手をチェンジした経験は誰しもあると思います。

この時に限界に近づいていたのがホールド力です。

ホールド力はクラッシュ力、ピンチ力よりも実感が湧きやすい、

身近な力だといえるかもしれません。



ホールド力を司る筋肉は、尺骨に起始している屈筋浅指屈筋と深指屈筋。

クラッシュ力を司る部分と同じです。

トレーニングとしては、ローリングサンダーの使用が一般的。





ローリングサンダーの直径は約5cm。

これはスーパーで売っている一般的な大根の、一番太い部分並みの太さです。

この持ちにくい極太バーに重りをつけ、保持し続けることで筋肉を育てます。

普段トレーニングをしている人は、通常のシャフトを太いシャフトに交換することで、

知らず知らずの内にホールド力を鍛えるなんてこともできます。





ホールド力を鍛えて、買い物袋をいっぱい持てる、

頼りがいのある男を目指しましょう!


nimotyu.jpg
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top