細マッチョ?ゴリマッチョ?速筋と遅筋の違いが分かれば理想の身体になれる!

[速筋] ブログ村キーワード

筋肉を構成する要素である筋繊維には2種類あるのは知っていますか?

それらは速筋(白筋)遅筋(赤筋)と呼ばれています。

英語で言うと速筋が " Fast-Twitch Muscle Fiber "

遅筋が " Slow-Twitch Muscle Fiber " にあたります。

" Twitch "は日本語では「収縮」という意味があり、

速筋は遅筋に比べ約2倍収縮するスピードが速いため、こう呼ばれています。

それぞれ次のような特徴があります。

速筋

瞬発力に優れる
疲れやすい
筋肉が大きく見える

遅筋

疲れにくい
瞬発力に劣る
筋肉が目立ちにくい

以上のことから、短距離選手のような瞬発力が欲しい場合、

ボディビルダーのようなたくましい肉体が欲しい場合は速筋を、

長距離選手のような持久力が欲しい場合、

モデルのようなしなやかな肉体が欲しい場合は遅筋を増やしたいと考えると思います。

しかし、速筋と遅筋の比率は生まれながらにして決まっており、後天的に変えることは出来ません。

そのため、何もしなくても筋肉質に見える人や痩せて見える人がいるわけです。

我々黄色人種は平均的に速筋・遅筋の割合が3:7で遅筋の比率が高く、

黒人は平均的に7:3で速筋の比率が高いとも言われています。
(もちろん平均ですので例外もあります。)

これから速筋を増やしてムキムキの肉体になりたいと思っていた方、

短距離走が速くなりたいと考えていた方はがっかりしたかもしれません。

私もこの事実を知ったとき、すごくがっかりしました。。。

しかし、筋繊維の比率は変えられないものの、筋繊維一本一本を鍛えることは出来ます!

つまり、遅筋比率が高い身体でも、ムッキムキに成れるし、速く走れるようになるんです!

他人との比較にとらわれず、与えられた肉体で最大限のパフォーマンスを目指しましょう!


黒人アスリートはなぜ強いのか?―その身体の秘密と苦闘の歴史に迫る


スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top