腹筋ローラーをコロコロしてボコボコの腹筋を手に入れよう!

今日紹介するのはこちら



腹筋ローラー、フィットネスローラー、アブローラー、アブスライダー、コロコロ ・・・

色々な呼び方があるこの筋トレグッズです。

海外でも、ab roller, ab dolly, ab slide, ab wheel..

色々な名前で呼ばれています。

Googleの検索ヒット数では日本語ではフィットネスローラー、

英語では ab wheel が一番多いようです。

このブログでは一番わかりやすい「コロコロ」で統一します。

さて、そんなコロコロですが、最近では1000円前後で簡単に手に入るようです。

しかもこんなにお手ごろな価格、平凡な作り、そして愛嬌のある名前にも関わらず、

数多くのボディビルダー、トップアスリートにも愛用されています。

人気の秘密は、その負荷の高さにあります。

一度でも使用したことがある方は分かると思いますが、

しっかりとしたフォームで行うと、このトレーニング、めちゃくちゃきついです。

本来は床に膝をつけないで行うトレーニングなのですが、

膝をつけ、負荷を下げた状態でも1回もできない10代、20代がたくさんいます。

コロコロは腹筋だけでなく広背筋・三頭筋・三角筋・僧坊筋・大胸筋などなど、

様々な部位が関与する、使用する補助筋が非常に多いトレーニングです。

そのため、腹筋を使う前に補助筋のパワー不足で潰れてしまう人もいます。

なので、普段運動を全くしないような初心者の方は、腕立てや背筋、スクワットなど、

基礎的なトレーニングを、最低でも20回連続で出来るようになってから挑戦しましょう。

次回はそんなコロコロの使い方を紹介します!

If you get useful information from this article.
Please click on the buttons below. (・∀・)
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

ブログLOGO完成!

このブログのLOGOを作ってみました!

名称未設定


ランキング用

にほんブログ村さん
にほんブログ村へ

FC2ブログさん
FC2ブログへ

人気ブログランキングさん
人気ブログランキングブログへ


以上です。

気が向いたときにでも応援クリックお願いします!

筋トレの英語 第7回 Sit-Ups と Crunches の違いとは? その4

こちらは、筋トレを通じて英語を学ぶコーナーです。

ブログの軸がぶれない程度にお届けしていきたいと思います!

第7回目の今回は、2つの代表的な腹筋のトレーニング、

シットアップ と クランチ の違いについての最終回です。

まずはこちらの記事を読んでみてください。

Risk
Crunches are safe exercises which can be easily performed by anybody. However, sit-ups have an inherent risk of spine injury, due to the strain it puts on the lower back, if this exercise is pursued aggressively without considering one's capacity. Medical research on the dynamics of a sit-up has shown that the abdominal muscles are involved only in the first 30 degrees raise of shoulders, off the ground. The rest of the strain is totally taken up by the hip flexor muscles. That is why, crunches are more recommended as safer exercises.


(Buzzle.com より引用)

いかがでしたでしょうか。

今回の文章は "Risk" という副題が付けられています。

前回の英文の中に、 "Sit-ups" よりも "Crunches" の方が、

腰に負担をかけないという一文が最後に出てきました。

ここでは、そのことについて詳しく書いてあるようです。

各文を見てみましょう。

sit-ups have an inherent risk of spine injury
シットアップには脊椎損傷のリスクが内在する
"inherent" は「内在して」という意味の形容詞です。
"spine" は「脊椎」です。
プロレス技に "spine buster" という、相手を背中から落とす技がありますが、
これは直訳すると脊椎破壊攻撃です。

spine-buster.jpg
参考:HHHのスパインバスター

ちなみに "buster" は「破壊する人(物)」「駆除する人(物)」という意味で、
Ghostbusters のバスターズがこれに当たります。
また、爆乳の人を下品な言い方で "bra-buster" と言ったりもします。
直訳すると「ブラ破壊人」です。笑

Medical research on the dynamics of a sit-up has shown that the abdominal muscles are involved only in the first 30 degrees raise of shoulders, off the ground.
シットアップの力学的な医学研究によって、床から肩を最初の30°上げたところまでが腹筋が関与する範囲だということことが証明された。
"dynamics" は「力学」という意味の名詞です。
最初の30°ということは、起き上がる必要がないということですね。
よく見るトレーニングに、足を誰かに押さえてもらって起き上がる腹筋がありますが、
実は、30°以降は腰に負担がかかるだけでなく、腹筋に効いていなかったのです。

The rest of the strain is totally taken up by the hip flexor muscles.
残りの負荷は全て股関節屈筋にかかっている。
前回出てきた "hip flexor muscles" がまた出てきましたね。
30°以降は腹筋ではなく、股関節屈筋のトレーニングになるそうです。

そして最後の文では、
That is why, crunches are more recommended as safer exercises.
そういった理由から、クランチの方がより安全なトレーニングだと推奨されている。
とまとめられています。

筋トレで一番怖いのは怪我です。

特に腰は一度痛めてしまうとクセになりやすい箇所です。

腹筋(上部)のトレーニングはシットアップではなくクランチを行いましょう。

筋トレの英語 第6回 Sit-Ups と Crunches の違いとは? その3

こちらは、筋トレを通じて英語を学ぶコーナーです。

ブログの軸がぶれない程度にお届けしていきたいと思います!

第6回目の今回は、2つの代表的な腹筋のトレーニング、

シットアップ と クランチ の違いについての3回目です。

まずはこちらの記事を読んでみてください。

Muscles
The next point of comparison is the target muscles of the two exercises. Sit-ups involve the hip flexor and abdominal muscles. Crunches only target the abdominal muscles including the 'rectus abdominis'.

Calories Burnt
If you make a comparison between the two exercises, the sit-ups burn more calories than the crunches, but they also create more strain on the back.


(Buzzle.com より引用)

いかがでしたでしょうか。

今回の文章は "Muscles" "Calories Burnt" の2ブロックに分かれています。

まずは "Muscles" を見てみましょう。

前回までは "Sit-ups" と "Crunches" のやり方の違いを "Compare" してきましたが、

ここでは2つのトレーニングで使用する "Muscles" の違いを "Compare" しています。

各文を見てみましょう。

Sit-ups involve the hip flexor and abdominal muscles.
シットアップは股関節屈筋と腹筋に作用する
"hip" は、日本語で「お尻」という意味でよく知られていますが、
実はお尻の割れ目がある部分(縦方向)のことは指しません。
ウエストの下の部分(横方向)、つまり股関節を指します。
ちなみに、割れ目のある部分は " butt " と言います。第4回でも紹介しましたね。
"flexor" は「屈筋」という意味です。対義語の「伸筋」は "extensor"といいます。

Crunches only target the abdominal muscles including the 'rectus abdominis'.
クランチは腹直筋など、腹筋だけを対象とする
"rectus" は「直筋」という意味です。
ちなみに「斜筋」は "oblique" といいます。

シットアップは股関節筋と腹筋、クランチは腹筋のみが鍛えられるようです。

では次に "Calories Burnt" を見てみましょう。

"Burnt" は 「燃焼する」という意味の "Burn" の過去分詞形です。

つまりここでは、2つのトレーニングのカロリー燃焼の違いを "Compare" しています。

the sit-ups burn more calories than the crunches
シットアップはクランチよりもカロリーを燃焼する

の一文のとおり、使用する筋肉の種類だけでなく、カロリー燃焼においても、

クランチより、シットアップの方が優れていることがわかります。

しかし、最後に見逃せないことが書いてあります。

but they also create more strain on the back.
しかしそれらは背中にもまた、より負担をかける。
ここでの "they" は 前文の "sit-ups" を指しています。
"strain" は「負担をかける」という意味です。

全面的にシットアップに劣ってるように見えましたクランチですが、

どうやら、シットアップよりも腰に負担がかからないという利点があるようです。

次回は、そのあたりを詳しく見ていきましょう!

筋トレの英語 第5回 Sit-Ups と Crunches の違いとは? その2

こちらは、筋トレを通じて英語を学ぶコーナーです。

ブログの軸がぶれない程度にお届けしていきたいと思います!

第5回目の今回は、前回に引き続き2つの代表的な腹筋のトレーニング、

シットアップ と クランチ の違いについてです。

まずはこちらの記事を読んでみてください。

Sit-Ups Vs. Crunches Comparison

Now let us see how an abdominal crunch is done. The starting position is same as the sit-up. Lie flat on your back, with knees bent in 90 degree angle and feet, flat on the floor. Place your hands, crossed over the chest or behind the neck. Do not exert force on the neck. Now curl your shoulders towards the pelvis, without lifting your lower back. Then return to the starting position. This constitutes one crunch! The essential difference is that crunches restrict movement to shoulders and abdomen, without bringing the lower back in to play.

(Buzzle.com より引用)

いかがでしたでしょうか。

文頭に how an abdominal crunch is done とありますので、

今回は Crunches のやり方について説明している文のようです。

The starting position is same as the sit-up. とある通り、

スタートポジションは前回のシットアップと同じです。

大まかなやり方は以下の順です。

1.Lie flat on your back, with knees bent in 90 degree angle and feet, flat on the floor
床に背中を付け横になり、膝を直角に曲げて足を床に付ける。

シットアップと全く同じですね。

2. Place your hands, crossed over the chest or behind the neck
手を胸の前で交差させるか、首の後ろに置く

シットアップでは手を床と並行にしましたが、クランチは違います。

3. curl your shoulders towards the pelvis
骨盤に向けて両肩を丸める

" pelvis " は「骨盤」という意味です。


注意点としては、

Do not exert force on the neck
首に力を入れない
" exert " は「(力などを)働かせる」" force " は「力」という意味です。
スターウォーズでおなじみの「フォース」です。

without lifting your lower back
腰を浮かせない
" lower back " は直訳すると「背中より低い」、つまり「腰」を指します。

が挙げられています。

最後の一文では、シットアップとクランチの本質的な違いは、

クランチが腰を動かさず、肩と腹部への動きを制限することにあると書いています。

この一文だけではよく分かりませんね。

詳しくは次回紹介します!


| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top