パーフェクトシットアップの重大な欠点

[シットアップ] ブログ村キーワード

引き続き、「Perfect Situp パーフェクトシットアップ」についてです。

前回の記事に、「パーフェクトシットアップには致命的な欠点がある」と書きました。

今回はその説明をします。

結論から言うと、パーフェクトシットアップの欠点は「サイズ」です。

私の身長は約173cmで、日本の成人男性の平均身長とほぼ同じなのですが、

サイズ調整をMAXまで行う必要があり、それでもあまり余裕がない状態でした。

私以上の身長がある人は窮屈感を感じるでしょう。

実際、約185cmの同僚が使用した際は、膝の角度が不自然なフォームとなり、

「腰・首に大きな負担がかかるので長期間の使用は危険かも」と言っていました。


高身長での使用は、最大のメリットである「フォームの安定」効果が得られないばかりか、

かえって故障の危険が高まるという、マイナス効果すらあると言えます。


このような高身長での使用に対する注意喚起があるか、

説明書・公式サイトを調べましたが、そのような記載はありませんでした。

そこで、商品を販売するexabodyのカスタマーサービスに問い合わせたところ、

「対象身長は設定していないが、概ね150cm~190cmまで使用可能」との回答を得ました。


しかし実際の使用感では、190cm台後半の人にはお勧めできません。

少なくとも180cm台後半の人は、長期の使用は控えましょう。

パーフェクトシットアップの公式HPでコメントを出している、
日本選手権3連覇のボディビルダー 鈴木雅選手の公称身長は167cm



ちなみに、アメリカ発の商品なので、日本用に規格変更している可能性も考えられたので、

アメリカのPerfect Situp ユーザーの口コミレビューを見たところ、

over 6 feet(約183cm以上)のユーザーから低評価のコメントが大発生していたので、

どうやら日本だけの問題ではないようです。

非常に惜しいのですが、身長175cm位までの人にはおすすめできる商品といえます。

関連記事
パーフェクトシットアップの評価
パーフェクトシットアップの口コミ

スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top