ダンベルを使ったトレーニング紹介 正しいダンベルベンチフライのやり方とポイント

今日はダンベルを使ったトレーニング紹介の第2弾!

正しいダンベルベンチフライのやり方を解説します。

胸筋を鍛えるトレーニングメニューの一つです。

まずは実際に動画を見てみましょう。



いかがでしたでしょうか。

今回も前回のダンベルベンチプレスと同じく、

実演 : 山岸 秀匡 解説 : JOE TONG のコンビでした。

ポイントを何個か上げていましたが、ここで意識すべき大事なポイントは3つ。



1.トップポジションは両腕を平行にする

ダンベルがぶつかるほど腕を閉じると負荷が抜けます


2.ボトムポジションでの肘の角度は約110°

これよりも角度が大きいと二頭筋と肘に、
これよりも角度が小さいと三頭筋と肩に負荷が逃げます


3.常に胸筋の伸縮に意識を向ける




まずはこの3つを意識して行ってみましょう。

ダンベルベンチフライは典型的な「複関節運動」のダンベルベンチプレスと違い、

「単関節運動」に分類されることもあります。(正確に言うと複関節運動です。)

※参考記事 単関節運動と複関節運動とは?


正しいフォームで行えば、三頭筋に負担がかかるダンベルベンチプレスより、

大胸筋だけをより集中的にターゲティングしたトレーニングができます。

ただし、フォームの難易度はダンベルベンチプレスよりも高く、

肩、肘を怪我する人が非常に多いトレーニングです。

先に挙げた5点を注意して、フォームが安定するまでは、

必ずダンベルのバーだけで練習しましょう。

特に、肘の角度を掴むまでは重い重量は扱わないでくださいね。


ダンベル、トレーニングベンチをお持ちでない方は下記の記事を参考にどうぞ。

自宅トレーニングにおすすめ!正しいダンベルの選び方

自宅トレーニングにおすすめ!正しいトレーニングベンチの選び方

If you get useful information from this article.
Please click on the buttons below. (´∀`)
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top