正しいアイシングのやり方を理解して筋トレの効率をアップさせよう!

今日は昨日に引き続き、アイシングについてです。

アイシングのやり方には様々な方法があります。

アイシングバッグや氷嚢を使ったり、シャワーで水をかけたり、

プールで軽く泳ぐこともアイシング効果があります。

どのような方法をとっても良いのですが、一つだけ重要なことがあります。

それは、アイシングの開始と終了の適切なタイミングを把握することです。

炎症を起こしている場合、最も気をつけなくていけないのは二次的損傷を防ぐことです。

運動後の破壊された筋繊維の炎症が、他の部分まで広がるのが二次的損傷です。

そのため、トレーニング終了後は、可能な限り速くアイシングをスタートさせましょう。

素早くアイシングをすることにより、炎症部の拡大を防ぐと同時に、

乳酸などの疲労物質・老廃物を効率よく取り除くことが出来ます。

次に、アイシングを終了するタイミングですが、こちらは15分を目安としましょう。

筋トレ後の筋肉は、表面だけでなく内部、身体の奥の筋肉まで傷ついています。

そのため、きちんと内部まで冷えるように、15分程度は継続して続けるようにしましょう

逆に、それ以上アイシングを続けると、感覚がなくなるため、気が付かないうちに凍傷や、

血行不良を起こしてしまう危険があります。

私は一度下半身の筋トレの後、水風呂に約30分の半身浴をしたことがあるのですが、

その際、下半身がキンキンに冷え切ってしまい、10分ほど歩くことが出来なくなりました。

感覚が麻痺するとやり過ぎてしまうことは結構あるので注意が必要です。

以上の開始・終了のタイミングをきちんと把握して、筋肉痛を早く、確実に治しましょう!




スポーツ・アイシング―基礎から、コンディショニング、応急処置、リハビリテーションまで
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top