自宅トレーニングにおすすめ!正しいトレーニングベンチの選び方 4/4

前回までの記事では、色々な種類のトレーニングベンチについて説明をしてきました。

特に自宅でトレーニングをする場合は、背もたれの角度を自分で調整できるトレーニングベンチ、

アジャスタブルベンチがスペース的、お財布的にお得という話でした。

そこで今回は、ジムインストラクターの自分がおすすめする、

買って損のない アジャスタブルベンチ TOP3を紹介します!


第3位!

IROTEC(アイロテック)のマルチポジションベンチ 送料込み19,950円!



第3位はIROTEC(アイロテック)のマルチポジションベンチです。
なんとレッグカールとアームカールが標準装備です!
耐荷重は約200kgあるので、30kg×2程度の重量ではほぼグラつきもありません。

amazon最安値→19,950円

第2位!

Body Solid 社のフラットインクラインディクラインベンチ 5%引き! 定価40,950円が38,900円!



第2位はボディソリッド社のフラットインクラインディクラインベンチGFID31です。
上記画像のように別売りのレッグアッタチメントを取り付ければ、
レッグエクステンションとレッグカールも可能になります。
耐荷重量はフラットで約240kgあり、安心して体を預けられます。
また、キャスターが付いているため、ベンチの移動も楽チンです。
モデルさんのポーズが意味不明ですが、オススメのベンチです!

amazon最安値→フラット・インクライン・ディクラインベンチ GFID-31 送料無料!39,000円


第1位!

Body Solid 社のフラットインクラインディクラインベンチDX 5%引き! 定価60,900円が58,000円!



第1位はボディソリッド社のフラットインクラインディクラインベンチDX GFID71です。
第2位の上位互換となるベンチです。
ノーマルタイプとの一番の違いはシートの弾力性です。
厚みのあるシートは適度に柔らかく、高重量を扱っても背中や肩が痛くなりません。
また、ノーマルよりも若干パイプが太く、安定感も増しています。
その他、別売りのレッグアッタチメントがある点、
キャスターが付いている点などは同条件です。
モデルさんのポーズが若干意味不明ですが、オススメのベンチです!

amazon最安値→フラット・インクライン・ディクラインベンチDX GFID-71 送料無料!58,000円



いかがでしたでしょうか。

ベンチは自分の命を預ける、最も大事なトレーニング道具です。

お財布と相談した上で、悔いの無いベンチを選びをしましょう!


番外編

Senoh 社のフラットアジャスタブルベンチ 240,450円!



番外編はセノー社のフラットアジャスタブルベンチです。
業務用、しかも定価販売のみですので、値段が高いですね。。。
しかしその質は最高と言っても過言ではありません。
そもそもセノー社はロンドンオリンピックでも使用されるほどの超優良スポーツ用品会社です。
本格的に、十数年間使用したい場合は、これを選ぶのも手でしょう。
国内外、多くのスポーツジムでも採用されています。
富豪の方はどうぞ(・∀・)
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top