正しい自宅用トレッドミルの選び方! 3/3

前回までの記事で、トレッドミルについての概要を紹介してきました。

しかし、世の中にはたくさんのトレッドミルが売られており、

1万円で買える商品から、200万円超えの新車が買えるような商品まであります!

そこで今日は、ジムインストラクターの自分がおすすめする、

5万円前後の、手頃な家庭用トレッドミル、TOP3を紹介します!

第3位!

MARCHER社のカーヴウォーカー FT-005 送料無料8.9%引き!定価59,850円が54,514円!



第3位はMARCHER社のカーヴウォーカー FT-005です。
見ての通り、走行ベルトがカーブしています。
これにより12%(約6度)の傾斜以上に負荷がかかり、平衡感覚が鍛えられます。
ハンドルパルスも装備しており、走行距離なども記録できます。
走行ベルトがカーブしているので、ランニングにはあまり向いてないです。
amazon最安値→カーヴウォーカー FT-005 61,560円


第2位!

中旺ヘルス社のヘルスジョガー HJ-1601 送料無料40.2%引き!定価49,875円が29,800円!




第2位は中旺ヘルス社のHJ-1601です。2009年のモデルです。
シンプルな作りですが、傾斜が18%(約8度)ついているためトレッキングもできます。
また、ハンドルパルスも付いていて、カロリ-計算もしてくれます。
ベルト幅が32.5cmしかないので大柄な方、ランニングスピードを出したい方には微妙ですが、
自走式トレッドミルの中では最も安定感があるマシンではないでしょうか。
小柄な方、ランニングのスピードをあまり出さない方にはオススメです。
amazon最安値→ヘルスジョガー HJ-1601 32,050円


第1位!

アルペン社のIGNIO トレッドミル R-16 販売価格39,900円!

 

第1位はアルペン社のIGNIO トレッドミル R-16です。
自走式のような価格にも関わらず、この商品なんと、電動式です
しかも、傾斜の変更、MAX 16 km/hまで速度の変更が可能です。
走行ベルト幅も40cmあるので十分でしょう。
組立て作業をやらせていただいたのですが、特に難しい工程もなく、
工作に慣れている方なら1時間もかからないです。
なにより、スポーツ用品界の怪物企業、アルペングループが生産から販売まで行っているので、
信頼感、実績においては、間違いないです。1年保証も付いています。
5万円前後の家庭用トレッドミルでは、この商品が一歩も二歩も抜き出ていると言えます。


いかがでしょうか。

前回の記事で家庭用は自走式で十分などと書いていたにもかかわらず、

1位は電動式トレッドミルでした。。( ̄▽ ̄;)

まあしょうがないです。

5万円前後の低価格トレッドミルの中では、大きく図抜けた商品です。

運動不足解消、ダイエットをお考えの方は、1位のR-16を選べば問題ないでしょう。
(耐荷100kgのため、体重がそれ以上の方は別の商品を!)

次回は本格的なトレーニングをお考えの方、10年以上故障なく使いたいと考えている方のため、

5万円以上20万円未満の本格的家庭用トレッドミルを紹介する、番外編をお送りします。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top