筋トレの英語 第9回 Machine と Free Weight の違いとは? その1

こちらは、筋トレを通じて英語を学ぶコーナーです。

ブログの軸がぶれない程度にお届けしていきたいと思います!


第9回目の今日は、フィットネス界では非常によく聞く議論のテーマ、

「マシントレーニング と フリートレーニングの違い」についてです。

文章が長いので、3回に分けてお送りします!

まずはこちらの記事を読んでみてください。

One of the most heated debates in the world of fitness today is the battle of free-weights (low-tech apparatus) versus machines (high-tech apparatus). Each side has their arguments with both sides having some merit to their claims.
This article will try to separate some of the fact from the fiction of each of these types of training tools. At the end of this article it will make more sense as to why one would choose a free-weight or a machine and for what purpose.
Before we dive into the major differences between free weights and machines let us first agree on what we are calling a free-weight or a machine.
A free-weight can be classified as any object or device that can be moved freely in three-dimensional space. Some of the more common free-weights found in a gym would be:

1. Dumbells
2. Barbells
3. High/Low or adjustable pulley system
4. Lat pull-down and low-row device
5. Medicine Balls(all types including kettle bells)
6. Ankle weights
7. The human body the ultimate free-weight of all!

In all reality, any object that is free to move in three-dimensional space that is not fixed to any specific set of axis (as in a smith machine) can be considered a free weight. An exercise machine on the other hand, is not allowed to move in three-dimensional space and is usually only capable of moving in two dimensions.Any exercise machine in a gym such as a pec-dec or a smith machine is a perfect example of what we are calling high-tech training apparatus.


(bodybuilding.com より引用)

いかがでしたでしょうか。

いくつかトレーニング用語が出てきたため、読みにくかったとかもしれません。

それでは各文を見ていきましょう。

One of the most heated debates in the world of fitness today is the battle of free-weights (low-tech apparatus) versus machines (high-tech apparatus). Each side has their arguments with both sides having some merit to their claims.
フィットネス界で、最も白熱する議論の一つに、フリーウェイトトレーニング(ローテク器具)VSマシントレーニング(ハイテク器具)がある。両者はそれぞれの主張するメリットについて熱い議論を交わす。
"apparatus"は「器具」という意味の名詞。
"have an argument with ~"で「~と議論を交わす」という意味のイディオム。

This article will try to separate some of the fact from the fiction of each of these types of training tools. At the end of this article it will make more sense as to why one would choose a free-weight or a machine and for what purpose.
この記事では、それぞれのトレーニング器具にまつわる真実と嘘を区別していく。記事の最後では、どのような理由・目的でフリーウェイトかマシンを選択すればよいか、より納得いくだろう。
"make sense" で納得いくという意味。
"as to" は「~について」という意味。"about" よりも少しフォーマルな印象があります。

Before we dive into the major differences between free weights and machines let us first agree on what we are calling a free-weight or a machine.A free-weight can be classified as any object or device that can be moved freely in three-dimensional space. Some of the more common free-weights found in a gym would be
両者の違いを見ていく前に、何をフリーウェイトと呼び、何をマシンと呼ぶかを決めておこう。フリーウェイトは3次元空間を自由に動くことができるモノ・装置、に分類することができる。ジムでよく見かけるフリーウェイト器具には-
"three-dimensional space"は3次元という意味。
3D映像の3Dはこれの略ですね。
"length" "width" "depth"の3次元です。

1. Dumbells
2. Barbells
3. High/Low or adjustable pulley system
4. Lat pull-down and low-row device
5. Medicine Balls(all types including kettle bells)
6. Ankle weights
7. The human body the ultimate free-weight of all!


それぞれ次のとおりです。

 2 3 4 
 6 7

7では究極のフリーウェイトは人体であると言っています。

In all reality, any object that is free to move in three-dimensional space that is not fixed to any specific set of axis (as in a smith machine) can be considered a free weight. An exercise machine on the other hand, is not allowed to move in three-dimensional space and is usually only capable of moving in two dimensions.
実際は、特定の軸の集合に固定されない(スミスマシンのように)、3次元空間を自由に動かせるモノ全てをフリーウェイトとみなすことができる。一方でマシンは、3次元空間を動けず、たいていは2次元的にしか動けない。ジムにある、ペックデックやスミスマシンのようなマシンが、ハイテクトレーニング器具と呼ばれるモノのいい例だ。
"axis" は「軸」という意味です。
複数形は不規則変化で"axes"になります。
また"axes"には「まさかり」とい全く別の意味もあります。
モンスターハンターなどのゲームで出てくる「アックス」はここから由来します。

ペックデック→  スミスマシン→


今回はマシンとフリーウェイトの分類についてでした。

最後の方はなかなか難解な文章でしたね。

次回もマシンVSフリーウェイトを見ていきます!

スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top