スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

自宅トレーニングにおすすめ!正しいチンニングスタンドの選び方 2/2

前回の記事では、チンニングスタンドについて説明をしました。

しかし、一口にチンニングマシンと言っても色々とあります。

ネットで探せば1万円以下のぶら下がり健康マシンから、

5万円を超える本格的な物まで見つかると思います。

そこで今回は、ジムインストラクターの自分がおすすめする,

チンニングスタンドTOP3を紹介します!


第3位!

ファイティングロード社のマルチジム 71.8%引き! 定価24,800円が6,980円!



第3位はファイティングロード社のマルチジムです。
1万円を切る圧倒的な安さでありながら、チンニングだけでなくディッピングまでできます。
(ディッピングについては後日紹介)
ただし、耐荷重100kgの割に作りが細く、身体を引き上げた際に多少のぐらつきがあります。
体重が70kg以下で、細マッチョ体型を目指す人はこちらの商品で十分です。

amazon最安値→マルチジム 送料無料!6,980円!


第2位!

IROTEC社のチン&ディップスタンド 送料無料19%引き! 定価28,350円が23,100円!



第2位はIROTEC社のチン&ディップスタンドです。
その名の通り、こちらの商品もディッピングに対応しています。
耐荷重は不明ですが、私の体重が70kgだった時に10kgのウェイトを装着し、
総重量約80kgでトレーニングした際も問題なく使うことが出来ました。

楽天最安値→チン&ディップスタンド 23,100円


第1位!

ボディソリッド社のPVKC83X 25%引き! 34,800円!





第1位はボディソリッド社のPVKC83Xです。
当然ながらディッピングにも対応しています。
米軍や警察、NHLチームにも製品を提供しているBody Solid 社が、
家庭向けに販売している商品です。
耐荷重がチンニング120kg・ディッピング100kgあるので、
体重が重い人、本格的に身体を鍛えたい人にオススメです!
GVKR-82という上位機種もありますので、体重が90kg超の超重量級の人はそちらをどうぞ。

楽天最安値→34,800円

いかがでしょうか。

チンニングスタンドは、商品によって値段の幅が大きく異なります。

使用する人の体重や、目指す体型によって決めるといいでしょう。

自分にぴったりのスタンドを選んで充実した懸垂生活をスタートしましょう!
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。