握力の鍛え方 ピンチ力編

[ピンチ] ブログ村キーワード

シリーズ「知られざる握力の世界」

握力はその人の力強さを、短時間で測るバロメータの一つ。

マイナーながら数多くの公式大会まで開催されている、握力の魅力を紹介します!

前回の記事では握力には3つの種類があると説明しました。

クラッシュ・ピンチ・ホールドでしたね。


今回は2つ目のピンチについての説明です。

ピンチ力はモノをつまむ力の強さを指します。

あまり聞きなれませんが、ピンチ力を測定するピンチ力計という器具もあります。

pinch.jpg


ピンチ力測定はフィットネス業界よりも、医療業界で行われる方が多いようです。


クラッシュ力と比べるとあまり一般的とは言えないピンチ力ですが、

ボルダリングなどのクライミングスポーツではクラッシュ力よりも重要となります。

コイン曲げやトランプ千切りのパフォーマンスに必要な力もこのピンチ力です。


ピンチ力を鍛えるためには、握力の源である前腕筋郡の中でも、

母指内転筋と長母指屈筋を集中的に鍛える必要があります。

この2つの筋肉は深層にあるため目立ちませんが、ピンチ力を司る強力な筋肉です。


ピンチ力の強化にはクラッシャー系のトレーニングでは不十分。

最もメジャーなトレーニング方法はピンチグリップブロックの使用です。



上写真のように、ブロックに重りを装着して単純につまみ持つことで、

母指内転筋と長母指屈筋を刺激できます。


軽い負荷ならば、広辞苑・PS3など、日常にある意外なもので代用できます。

つまめるサイズで、そこそこ重量があるものを探して持ってみるといいでしょう。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top